長岡工業高等専門学校

システムデザイン・イノベーションセンター

sdic-logo

学生生活の中で社会の問題点を見つけ
企業と一緒に課題を解決

システムデザイン・
イノベーションセンター

System Design Innovation Center NIT, Nagaoka College

半学半教,地域共生を理念として,2015年に設立されました。
本センターの使命は分野横断的能力を涵養する教育・研究活動の推進であり,
その結果としてイノベーションを生み出す実践的技術者の輩出を狙いとしています。
分野横断的能力とは,チームワーク力,主体性,コミュニケーションスキルといった汎用的技能,創造的思考力のことであり,
いわゆる人間力と表されるものです。少子高齢化の急速な進展と人口減少によって我が国の活力や国際競争力の低下が懸念される現状において,
科学技術は,社会経済にイノベーションを起こし社会全体の持続的発展に貢献することが使命とされています。
環境問題やエネルギー問題など,近年の技術者が直面する課題は大規模・複雑化してきており,
イノベーティブな解決方法を早期に導くためには,チームで協働するための分野横断的能力が必要不可欠です。
当センターが運用する「システムデザイン教育プログラム」では,長岡高専技術協力会の地域企業様から協力を得て,課題抽出力,課題解決力を備えたイノベーション人材を育成するJSCOOP(ジェイスクープ),合意形成,会議法等の演習を通じてチームとして協働するためのファシリテーション力を涵養するエンジニアリングデザイン演習等の科目を開講しています。

SOLVE THE PROBLEM
システムデザイン教育プログラム
エンジニアリングデザイン教育
JSCOOP
プレラボ制度

重要なお知らせ
to_top