タイ短期留学生による研究報告会の実施

2022/08/03

King Mongkut’s Institute of Technology Ladkrabang (キングモンクット工科大学 ラカバン校・タイ王国)からの短期留学生THAMWIWAT Triさんが8月2日(火)に長岡高専での研究成果を発表しました。

2ケ月という短い間でしたが、電気電子システム工学科の電子材料研究室に所属し、CZTS化合物薄膜太陽電池の試作を行い、製造条件による太陽電池性能の違いについての研究を行いました。チューターの電子機械システム工学専攻2年生の山之内さんから様々な装置の使い方を教わり、毎日熱心に取り組んでいたそうです。

また、首都のバンコクが実はとても長い名前である、などTriさんの母国であるタイについても、
少し紹介してくれました。

研究報告会最後には、共に過ごしてきた研究室の先生方や仲間たちと記念撮影。

休日には、近くの悠久山公園でニホンザルを見たり、弥彦神社や博物館を訪れたりして日本文化に触れることができたそうです。帰国前に長岡花火を見る機会に恵まれたことにも喜んでいました。
Triさんの今後の活躍を期待しています。
 

重要なお知らせ
to_top