模型同好会・美術部 トミオカホワイト美術館にて作品展

2016/07/21

南魚沼市にあるトミオカホワイト美術館さんにて「Bird eye」をテーマとした作品展が平成28年7月16日(土)~9月6日(火)の期間で開催されています。
本校からは,模型同好会で作製した鉄道模型「霜雪(そうせつ)」と美術部が作製した立体作品「ホワイトピークステージ276」が展示されております。

鉄道模型に関しましては下記の期日に走行会を開催致します!!
7月30日(土),8月21日(日),8月27日(土)
多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

模型同好会「霜雪(そうせつ)」
メッセージ:本作品に関しましては,構想2ヶ月,制作作業4ヶ月を費やし,模型同好会として最大規模の縦1.8m×横3.6m×高さ0.7mの鉄道模型となりました。随所に3Dプリンターによって作られた建物を配置するなど,高専らしさが散りばめられております。制作作業中にも様々なトラブルにも見舞われましたが,なんとか完成しました。作品解説の冊子も作成致しましたので,こちらもどうぞご覧ください。

美術部「ホワイトピークステージ276」
メッセージ: トミオカホワイト美術館に似合うシンプルな展示をと考え,276個の白い立体ユニットで山の頂をイメージしました。稜線にオシャレなビッグ卵(鳥)のデザインを配しました。とっても時間のかかった作品です。じっくり御覧いただければ幸いです。


模型同好会「霜雪」

美術部「ホワイトピークステージ276」
重要なお知らせ
to_top