バスケットボール部 東日本高専大会参加、男子優勝!

2022/01/11

2021年12月25日(土)~27日(月)、バスケットボール部は第12回東日本高専大会及び第9回東日本高専女子交流大会に参加しました。高専大会は夏(ラグビーフットボールは秋)の1回しか行われていませんが、バスケットボール競技は独自に冬の大会を、東日本・西日本に分かれ開催しています(女子は西地区で全日本大会を開催)。5年生が引退した新チームによる、いわば新人戦にあたります。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止となり、2年ぶりの開催となりました。

男子は参加10校、5チーム2リーグに分かれて予選を行い、その後各リーグ同順位同士で順位決定戦が行われました。長岡高専は予選aリーグで群馬高専、富山高専本郷キャンパス、石川高専、鳥羽商船高専と対戦。全勝で1位決定戦(決勝戦)に進出しました。決勝戦は予選bリーグ1位の長野高専と対戦。関東信越地区高専大会の決勝でも対戦し、全国高専大会でも善戦したチームです。試合は拮抗してスタートし、その後も抜きつ抜かれつの試合が第4ピリオドまで続きました。しかし最後まで気持ちを緩めず、勝利して優勝しました。同大会では4年連続5回目の優勝となります。
ポイントゲッターの5年生が抜け、4年生1人が怪我のため出場できない状態でしたが、全国大会で接戦を戦い抜いた経験が自信となったようです。

今年度は同会場で、女子の交流大会が6チーム総当たりで開催されました。
高専地区大会後に新たな部員が加わり、女子チームも新たな気持ちで試合に臨みました。

また男子においては、低学年選手のためのJr.戦も組んでいただきました。当部は高校大会に出場する1,2年生チームで参加し、試合経験を積む良い機会となりました。

大会開催・運営に当たられた長野高専バスケットボール部と関係の方々に感謝申し上げます。

東日本高専大会の結果は  こちら 

   



重要なお知らせ
to_top