長岡高専

長岡工業高等専門学校・電子制御工学科

< RSSによる更新情報 最終更新日時: 2016-05-06 >

クローズアップEC【Vol.003】
特集:H23年度卒業研究,表彰テーマの紹介

金賞
「感情と情景に合わせた自動選曲システム-Androidアプリの開発-」
 武田修平

[写真]金賞

本研究はユーザーの感情と位置情報から,自動選曲をする機能を実装した携帯端末Android用音楽プレイヤーを作成することを目的としたプロジェクトの一環である。 このプロジェクトのAndroid用音楽プレイヤーのアプリ作成を担当した。 アプリの機能として最低限必要である感情・位置情報の取得,サーバーとのデータ送受信,音楽プレイヤーの機能を実装することができた。

銀賞
「GPGPUによるレイトレーシングの高速化について」
 南雲陽介

[写真]銀賞

GPU(Graphics Processing Unit)を描画処理に用いるばかりでなく,汎用計算に利用するGPGPU(General Purpose GPU)が登場し,従来はスーパコンピュータを用いて行っていたような膨大な演算処理が可能となった。 膨大な演算を必要とする技術の一つにレイトレーシングがある。 レイトレーシングはCGで物体を描画する手法の一つで,視点から光の経路を追跡することで,非常にリアルな映像を合成できる。 本研究ではGPGPUを利用することによりレイトレーシングの実時間処理の可能性を探ることを目的として研究を行った。 その結果,従来は実時間処理が困難とされていたレイトレーシング処理をCPUのマルチコア演算およびGPGPUを用いて実装できることを確認した。

銅賞
「酸化銀薄膜挿入による有機EL素子のホール注入性改善」
 松本紘希

[写真]銅賞

有機EL(Organic Light Emitting Diode: OLED)素子は,近年ではスマートフォンの画面として採用されるなど,高輝度,高コントラスト,薄型・軽量といった特長を持つ次世代型発光デバイスである。 通常,有機EL素子を駆動させるためには電極からキャリア(ホール,電子)を注入する必要がある。 ここで,より少ないエネルギーでキャリアを素子内部に注入することができれば,低消費電力型有機ELディスプレイが実現可能となる。 そこで,本研究では陽極と有機薄膜間のホール注入障壁に注目し,酸化剤として知られる酸化銀薄膜を挿入した際の障壁変化やホール注入性の改善について検証した。

有機・無機エレクトロニクスシンポジウム((社)応用物理学会 北陸・信越支部主催)にて,Poster Award(優秀ポスター講演賞)を受賞!!

指導教員の皆川先生から一言『中学生の皆さん,白衣を着て有機ELの研究一緒にやりましょう!』

↑Top