REIM長岡高専

インフラメンテナンスのためのリカレント教育事業

地元のインフラは地元で守る

 全国にある道路橋72万橋(うち市区町村管理7割)のうち、建設後50年以上経過する橋梁は2030年には5割を超えてしまいます。

しかし少子高齢化や人口減少により、自治体でインフラメンテナンスに携わる職員や、建設会社でメンテナンス分野の知識と経験を持った技術者が不足しています。

そこで長岡高専では、リカレント教育(社会人の学びなおし)で、インフラメンテナンス人材の育成を始めます。その取り組みを紹介します。

最新情報