ホーム > お知らせ > その他のお知らせ > インフルエンザ感染に伴う学級閉鎖について(電子制御工学科2年)

新着情報[その他のお知らせ ]

インフルエンザ感染に伴う学級閉鎖について(電子制御工学科2年)(2019.01.29)

1月28日現在、電子制御工学科2学年において、6名がインフルエンザと診断されました。 これに伴い、感染の拡大を防止するため、当該学級を次のとおり学級閉鎖とします。

学級閉鎖:電子制御工学科2学年
閉鎖期間:平成31年1月28日(月)3限~平成31年2月1日(金)

引き続き、学生にインフルエンザと思われる症状が出た場合、速やかに学級担任に連絡してください。
学級担任と連絡が取れない場合は、学生課へ連絡してください。
また、かかり付けの医療機関で受診してください。

インフルエンザによる出席停止の場合のみ、「学校伝染病通知書」に代え、医療機関の証明を必要としない「インフルエンザ診断報告書」でも「特別欠席」の扱いとします。
登校できるようになったら、上記「通知書」もしくは「報告書」を学生課に欠席届と共に提出してください。(出席停止期間にFAXなどで送付していただく必要はありません。)
報告書用紙は、本校学生課窓口で配付するほか、本校ホームページからもダウンロードできます。
 学校感染症と診断された場合の手続き

学生課連絡先(学生係)
TEL:0258-34-9332
FAX:0258-34-9339
E-mail:gakusei@nagaoka-ct.ac.jp