ホーム > 施設案内 > 雪氷低温技術教育研究センター

雪氷低温技術教育研究センター

国の積雪地域における技術者には、積雪期の交通、電気、ガス、水道、建造物あるいは 各種工業材料等の知識についての特性技術を有することが要望されている。また近年、 省エネルギー、省資源が叫ばれているが、雪は貴重な淡水資源、冷熱源であり、この雪の 有効利用を進めることも極めて貴重な課題である。

本校は新潟県内でも屈指の積雪地域に位置しており、これらの課題に対処するためには 極めて適切な立地条件にあり、教育上の重要な方針のひとつとしてこれらの関係知識、 技術の教育も重視している。本施設において、常温から北陸地方特有の湿雪温度を中心に 氷点下35度までの範囲にわたる低温についての基礎及び応用面の実験、実習を行うことが でき、卒業研究や教官研究等に活用されている。その成果は本県のみならず、同様の自然 条件下にある地域全体の工業技術の開発や防災工学の発展に貢献する事を期待されている。


高速空気流による雪の管内輸送実験

雪冷房の熱交換実験

研究課題の一例

  • 低炭素鋼の低温脆性破壊
  • コンクリートの低温特性
  • 酸性雪
  • 湿雪の変形破壊
  • 南極氷床コアー解析
  • 屋根雪処理
  • パイプによる雪輸送
  • 消融雪の制御

主要設置機器

  • 雪氷低温技術教育用万能試験装置一式(最大荷重10tonf)
  • 総合気象観測装置(積雪深・雨雪量・気温・湿度・気圧・風向・風速等自動記録)