ホーム > 施設案内 > 地球ラボ

地球ラボ

長岡高専では、これまでの学生支援活動及び留学生受け入れ実績をもとに、学生の国際性を養うための支援をする拠点として「地球ラボ」を設置し、長岡市国際交流協会などの地域団体とも連携して、留学生と日本人学生との日常的な交流の機会を最大限に引き出せるような、双方にとって効果的な国際理解環境づくりを行っています。

ラボスタッフが常駐し、平日の13時から18時に開室しており誰でも利用することができます。

「地球ラボ」は留学生と日本人学生の交流の場であり、多文化理解、情報交換の場でもあります。また国際交流講演会や語学セミナー、イベントなどの企画・運営やコーディネイトを行っています。

「地球ラボ」の活動内容は、地球ラボねっとのページで紹介しています。

「地球ラボ」外観 「地球ラボ」室内の様子

「地球ラボ」は、文部科学省が募集した「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」(学生支援GP)に、「長岡高専地球ラボによるキャンパスの国際化―小さな高専で広い視野を持った国際人に成長するための学生支援プログラム―」が採択されたことにより、平成20(2008)年1月24日に図書館1階に設置されました。

関連資料

学生支援GP 最終報告書  (HTML版)
学生支援GP 中間報告書  (HTML版)
地球ラボロゴマーク