ホーム > 施設案内 > 国際交流推進センター

国際交流推進センター

国際交流推進センターの役割

国際交流推進センターの役割として、
・海外教育機関との協定・交流
・学生の留学および海外研修の企画立案
・地球ラボ室との連携協力
・留学生への支援等
があります。
本校の国際交流活動に関する環境は整いつつあり,例えば地球ラボ室の運営,国際関係学演習の開講や海外学生派遣研修事業等が挙げられます。国際交流活動の実行には,「交流マインド」が必要ですが,当センターが実践活動と人材育成の両面で少しでも支援できたらと思います。
異文化コミュニケーションの中から,気付かないでいた自分のアイデンティティを見つけることもあります。自然科学と技術を学ぶとともに,世界各地に発信し,飛びだして歴史文化や芸術にも触れてください。
長岡高専には多数の留学生も在籍していますので,お互いに学ぶ合うこともできます。勉強以外でも,留学生と日本人学生がともに研鑽して,こころに壁をもたずに豊かで愉快な交流活動を実践してくれたらと思います。
国際交流活動の環境は十分にあります。あとは一歩を踏み出す少しの勇気で世界につながります。


長岡高専は2007年度から,「キャンパスの国際化」プロジェクトに取り組んでいます。
工学教育には,諸外国との技術交流やコミュニケーションに対応できる人材の育成も求められており,本プロジェクトの目的は,海外留学生等とのコミュニケーションやボランティア活動を通して異文化理解の機会を与えること,各国の文化の違いを学ぶことを基本とし,その活動拠点となる「地球ラボ室」を設立しました。ここでは,日本人学生と留学生が,いつでも活動を企画して参加することができます。また,地球ラボは,長岡市国際交流センター「地球広場」や関係機関・地域企業とも連携し活動しています。

各種ご案内

icon_001 学術交流協定 icon_038 学生海外派遣研修
icon_032 刊行物 icon_050 地球ラボ