長岡高専Guide|中学生のための長岡高専案内

卒業生からのメッセージ

浮須和樹
浮須 和樹 さん

株式会社ツガミ ドイツ駐在

平成15年度 機械工学科卒業
平成17年度 電子機械システム工学専攻修了

モノづくりが好き!

  長岡高専は「モノづくりが好き!」そういう皆さんにおすすめです。
  高専では5年間のカリキュラムの中で、実技と理論とを一体的に生きた知識として習得できます。
  私は工作機械メーカーで機械設計や機械操作、製品生産などのモノづくりの最前線に携わっていますが、高専で得た知見が非常に役立っています。

集え理系女子☆(男子も)

  10年以上前に「制服がないし、理科とか好きだから」などといういい加減な理由で入学した私ですが、高専に行って本当によかったと思っています。
  まず、就職面でも有利な工学を5年間腰をすえて勉強することができます。16歳から学んだ基礎的知識は、自動車部品開発の仕事をしている私の一番の強みとなっています。
  また、自由かつ自主性を重んじる校風で、一足早く大人として扱われます。普通の高校より、いわゆる「生活指導」は少ないかもしれませんね。つまり、自分で考えて自分を制することを求められるということです。勉強と遊びのバランスも自分で決めていきます。   さて、こういう生き方が面白そう、と思った人!女子も男子もいらっしゃいませ。

佐藤歩
佐藤 歩 さん

ボッシュ株式会社
ガソリンシステム事業部
パワートレインECU事業室ECU開発部

平成17年度 電気工学科
(現 電気電子システム工学科)卒業

伊津惇
伊津 惇 さん

日本精機株式会社 ソフトウェアPF開発1

平成20年度 電子制御工学科卒業
平成22年度 電子機械システム工学専攻修了

“本気で”学んでみませんか!

  私は中学生時代、パソコンを使うことに興味を持っていましたが、長岡高専で学んだことで、その興味を自分の強みへと変えることができました。
  高専ではプログラミングに関する研究に取り組み、現在もソフトウェアを設計する仕事をしています。自分が興味を持って前向きに取り組めることを、仕事としても続けることができて、毎日楽しく過ごしています。私がここまでプログラミングに集中できたのも、高専を進路に選んだからだと考えています。高専では低学年から専門分野の授業があり、設備が充実した研究室など、自分のやりたいことにじっくり取り組める環境が整っています。また、クラスの友人や教員と、気軽に専門分野の話をすることができるので、とても良い刺激となります。科学や技術に興味がある皆さん、長岡高専で“本気で”学んでみませんか!

長岡高専 工業化学科を卒業して

  昭和48年4月、長岡市内の悠久山公園に近い「高志台」にそびえる長岡高専に入学いたしました。
  新潟県内の様々な中学を卒業してきた学友と短期間で近しい友達になれたのは、「工学」を学ぶという同じ志を持っていたからでしょうか。それから卒業までの5年間、兄弟以上の深い付き合いをした同窓生が今、全国に散らばりそれぞれ企業や団体で職責を全うしております。
  在学中は、多くの先生方から「工学」の基本を懇切丁寧に教えていただき、さらに「無機」、「有機」、「分析」、「物理」化学の基本的な考え方をご指導いただきました。国立高専という学びの場は、ほぼ国立大学に近い高度なシステムで、ここで16歳から学ばせていただいたことは、私にとって大きな励みでした。
  現在では、高専卒業後、大学院の修士、さらに博士課程へと進学できる環境も整備され、より魅力ある高専になったと思います。

伊藤満敏
伊藤 満敏 さん

株式会社 越後天風 代表取締役社長

昭和52年度 工業化学科(現物質工学科) 卒業

大丸歩
大丸 歩 さん

国土交通省 北陸地方整備局

平成22年度 環境都市工学科卒業

自由度の高い特別な5年間

  長岡高専は「高校」よりも「大学」に近いため、自由度が高いです。私が入学したときの第一印象も「自由だなあ」ということでした。
  実際、日々の過ごし方も自由度は高く、勉強以外の部活動や文化祭などのイベントも充実していました。もちろん、自由ということは専門分野をしっかりと勉強できます。卒業するころには入学時には想像していなかったほどの知識と経験が身につきます。この知識量と経験の多さは他の高校や大学生には負けません。
  私は、高専で学んだ土木工学を生かすための職場に就職しました。日々勉強しながらの仕事ですが、長岡高専で学んだ土木工学の基礎知識は非常に役立っています。
  この自由度をどう生かすかは人それぞれですが、頑張っている・頑張りたい人にはオススメです。

 
入試情報
メルマガ
このページの上部へ移動する