次世代人材育成コースプログラム

次世代人材育成コースプログラムとは

本校では、学科・専攻単位の専門教育プログラムをベースに、社会の多様なニーズに応える次世代型専門教育として3つのコースプログラムを用意しています。
これらのコースプログラムでは異分野にまたがる実践的な諸問題を解決に導く力や思考力の深化、グローバルマインドやアントレプレナーシップ(起業家精神)の修得等を目指し、革新的な商品を開発できるイノベーション人材、日本に留まらず国際的に活躍できるグローバル人材や新規事業を創造できる起業家人材を育成します。入学当初の早い段階から、次世代型基礎教育(低学年からのキャリア教育「企業の課題に挑戦!」、プレラボによる低学年からの研究活動)等に積極的に参加することで、周りの友人達と夢を語りながら自身の将来像を描く事が可能です。その将来像実現に必要なコースプログラムを高学年で選択する事が出来ます。

次世代人材育成コースプログラムは、原則本科4学年と5学年の2年間で修了する「ベーシックコース」と本科4学年から専攻科2学年までの4年間一貫の「エキスパートコース」から構成されています(科目によっては1年生から履修することが可能です)。各コースプログラムとも全学科共通の科目から構成されているため、所属学科に関係なく履修する事が可能で、学科の枠を越えて複数の教員より教育研究指導を受けることが出来ます。コースプログラムの詳細は以下の通りです。

コースプログラム

システムデザイン教育プログラム
システムデザイン教育プログラム
地域を学び舎とし、分野横断的能力(コミュニケーション能力、チームワーク力等)を備えたイノベーション人材を育成します。

ヴァンガード・エンジニア育成プログラム
ヴァンガード・エンジニア育成プログラム
国際的・複眼的視野を持ち、地域産業の国際展開への道筋を切り拓くヴァンガード・エンジニア(先駆的技術者)を育成します。

アントレプレナー育成プログラム
アントレプレナー育成プログラム
専門技術に限らず事業化に必要な幅広い分野の知識とともに、アントレプレナーシップ(起業家精神)を有し、新商品開発、新事業創出に挑戦できる人材を育成します。


本校では、今後も次世代型教育に力を入れ、各種コースプログラムの充実化を予定しています。

コースプログラムイメージ

コースプログラムイメージ

ページ上部へ