日本語

English

世界につながる長岡高専

新着情報(Facebook)

長岡高専の国際交流活動

海外学術交流協定校皆さんご存じのように、現代の社会はグローバル化が加速度的に進んでおり、国際的に活躍できるグローバル人材の育成が求められています。
長岡高専は、グローバル人材に求められる3つの能力である、コミュニケーション能力、チャレンジ精神、そして異文化理解の向上に取り組むため、海外の多くの協定校と積極的に交流しています。
また、本校は留学生も多く、英語に自然と触れることができる環境が整っています。長岡高専で学び、世界とつながろう!

取り組みの様子

海外派遣研修
海外派遣研修
異文化体験を通じて国際的な視野を養うことを目的とした「海外派遣研修」を毎年実施しています。訪問先では、英語や現地の言葉、文化を学ぶとともに、日系企業の訪問や文化探訪等も行っています。

エンジニアリング英語研修
エンジニアリング英語研修
ロシア極東国立交通大学(Far Eastern State Transport University) が主催するサマースクールは学生の国際性を涵養することを目的としています。

研究室派遣
研究室派遣
シンガポールでは食用油の連続使用による劣化と人体への影響について研究を行いました。その結果、食用油は180度で1日8時間熱した場合、5日目までが使用限度であるとわかりました。

協定校受入れ
協定校受け入れ
学術交流協定を結んでいる海外の学生と教員を受入れ、「ものつくり交流」や「体験プログラム」の実施を行っています。

「ものづくり交流」団体短期派遣受け入れ
「ものづくり交流」団体短期派遣受け入れ
長岡高専生と混合チームを結成し3DCADを用いた便利グッズの開発及び作製を行いました。

研究室受入れ
研究室受入れ
研究室の学生と英語でコミュニケーションをとりながら研究しました。


ヴァンガード・エンジニア育成プログラム
ヴァンガード・エンジニア育成プログラム
地域企業、長岡市の3大学1高専【NaDeC(Nagaoka Delta Cone:長岡高専、長岡技大、長岡造形大、長岡大)】さらに海外協定校や留学生と連携し、国際的に活躍できるグローバル人材を育成するコースです。

国際交流推進センター
国際交流推進センター
「海外教育機関との協定・交流」「学生の留学および海外研修の企画立案」「地球ラボ室との連携協力」「留学生への支援」等の役割を担っています。

地球ラボ
地球ラボ
留学生と日本人学生との日常的な交流の場です。異文化理解、情報交換の場でもあり、国際性を養うための支援を行なっています。

ページ上部へ