新着情報[在校生・保護者の方へ ]

平成29年度海外派遣研修(タイ・マレーシア・モンゴル)及びエンジニアリング英語研修(ロシア)報告会を行いました(2017.11.07)

高志祭における企画の一つとして、11月3日(金)、本校441講義室にて平成29年度学生海外派遣研修(タイ・マレーシア・モンゴル)及びエンジニアリング英語研修(ロシア)の報告会を行いました。
学生海外派遣研修(タイ・マレーシア・モンゴル)の報告では、各研修での交流の様子や日系企業訪問、異文化体験の感想が述べられ、どの国においても、様々な場面で交流先の学生の温かいサポートがあり、各訪問先でも歓迎を受けたことが報告されました。また、ものづくり交流中や現地の方々とのコミュニケーションにおいても交流先の学生の積極性を肌で感じ、言葉が出ないときは、身振り手振りで思いを伝えることや何事にも興味を持って積極的に取り組む姿勢の大切さを知り、英語学習等への意欲も高まったという報告がありました。なお、各研修において、学生達は現在もSNS等を通じて交流先で知り合った学生達と連絡を取り合っているとのことでした。
エンジニアリング英語研修(ロシア)の報告は、英語と日本語で行われ、研修中に受けた英語の授業や学生寮での生活、市内探訪について紹介があり、研修の成果が披露されました。
最後に、竹茂校長から「各国でバラエティーにとんだ様々な経験をしており、この経験は全て今後の人生に返ってくると約束します。自分のより所を見つけて、語学や成績だけにこだわらず、長所を伸ばすよう頑張って欲しい。」とお言葉を頂きました。また、市村国際交流推進センター長からは、「今回の経験が将来なんらか役に立つはず。経験とは望み通りにいかなかったことを得ることにある。英語でうまくコミュニケーションできなかった経験を今後克服するため、英語学習の動機付けを高く持ってほしい。また、後援会や長岡市国際交流協会、そして最大の理解者である家族から多くの支援があったことを胸に留め、感謝の気持ちを忘れないようにして欲しい。」と講評をいただきました。
研修報告会には多くの保護者の皆様から来ていただきました。 お忙しい中ご参加いただいた保護者の皆様並びに関係者の皆様、ありがとうございました。

中村校長補佐(国際交流担当)挨拶

竹茂校長挨拶
タイ研修報告 マレーシア研修報告
モンゴル研修報告 ロシア研修報告
竹茂校長講評 市村国際交流推進センター長講評