ホーム > 学科・専攻科 > 物質工学専攻

物質工学専攻

環境意識の高まりの中で社会のニーズは、環境低負荷や再資源化を前提とした製品の製造プロセスの開発・設計へと移り変わってきています。産業発展の基礎として重要な新素材開発分野では、化学の専門に加え他分野の知識と技術が必要とされてきています。物質工学専攻では、物質工学科の材料工学コース及び生物応用コースで習得した学力を基礎として、新しい材料の開発と生産に関する材料工学及び生物機能を物質生産に応用する分野の生物工学について深く教授します。これらの専門的知識を高めることにより、機能性新素材の開発や製造プロセス技術の展開に対応できる実践的技術者の養成を行います。


動物実験

植物培養

光触媒評価装置

超伝導核磁気共鳴装置