ホーム > 学科・専攻科 > 電子機械システム工学専攻

電子機械システム工学専攻

電気工学、機械工学は、生産分野における基礎的、中心的役割を果たしています。それらの境界領域に位置する電子制御工学は、電子・電気機器を制御し、自動化することによってその付加価値を高める分野といってよいでしょう。

21世紀において技術開発を推進し、ささえてゆくためには、技術者はそれぞれの各分野の専門性を、より深く追求する一方において、他分野の知識・技術を修得し、また互いに融合・展開することによって新しい技術開発を積極的に進めて行かねばなりません。

電子機械システム工学専攻は、複合的な分野における問題発見・解決能力を高め、社会の技術革新に対応できる創造性豊かな技術者の育成を目指しています。そのために、電気系、機械系および電子制御系の専門分野を基礎とし、さらに高度な専門科目や、それぞれの分野を融合した境界領域科目、特別実験や特別研究などの教育プログラムを実施しています。


機能性材料の疲労強度実験

雪山の保存実験:雪山周囲の地面温度の熱画像

薄膜太陽電池デバイスの電気的評価

パルスレーザーによる微細加工

圧電セラミックスのハイパワー特性測定

小型船舶における蛇角システムに関する研究