ホーム > 高専Q&A > 長岡高専とは

長岡高専とは

Q.高専とはどんな学校なのですか

A.
中学校の卒業生が入学することができる,5年制の高等教育機関です。
卒業時には準学士(短大卒と同等)として就職したり,専攻科へ進学したり,大学の3学年へ編入学することができます。
普通高校でも開設されているような一般教育科目を学びながら,早い段階から入学する学科ごとに開設される専門科目を学び,多くの実験実習や5学年での卒業研究を通して,実践的技術者としてさまざまな場面で活躍できる人材を育てる学校です。

このページのトップへ

Q.長岡高専とはどんな学校なのですか

A.
長岡高専は,高専制度が定められた最初の年である昭和37年に設置された国立の工業高等専門学校です。
教育理念として「人類の未来をきりひらく,感性ゆたかで実践力のある創造的技術者の育成」をかかげ,機械工学科,電気電子システム工学科,電子制御工学科,物質工学科,環境都市工学科の五つの専門学科で構成されています。
さらに,学士(大学卒)を修得するための電子機械システム工学専攻,物質工学専攻,環境都市工学専攻の三つの専攻科が設置され,最大7年間の学生生活を送ることができます。
卒業生に対する社会的な評価は高く,多くの企業から求人があり,就職に有利な学校ですが,卒業生の多くは専攻科や,国公立大学の3学年へ編入学しています。

このページのトップへ

Q.一般の高校との違いは何ですか

A.
高専は高等教育機関ですので,在校生を「学生」という身分で,自主性・自立性を尊重して扱います。服装や持ち物などの制約はほとんどなく,バイクや自動車の免許を取得することも自由ですが,そのかわりに責任ある行動が求められます。授業時聞は50分単位ですが,2時間連続の90分授業が一般的で,4時間連続の実験実習もあります。2学期制で夏休みや春休みが長いのも特徴です。

このページのトップへ

Q.どんな学科がありますか

A.
中学を卒業してから5年間所属する学科としては,機械工学科電気電子システム工学科電子制御工学科物質工学科環境都市工学科の5学科があります。
物質工学科は4学年になると「材料工学コース」と「生物応用コース」に分かれて,より専門的な内容を学びます。
高専を卒業してから,学士(大学卒)となるために2年間学ぶための専攻科には,電子機械システム工学専攻,物質工学専攻,環境都市工学専攻の3専攻があります。

このページのトップへ

Q.一般教室のほかにはどんな施設・設備がありますか

A.
体育施設として二つの体育館,武道場,人工芝のグラウンド,野球場などがあります。教育・研究施設としては実験室,研究室はもちろん,図書館,総合情報処理センターをはじめとする各施設があり最新の実験機器や研究設備が整備されています。福利厚生施設では保健室,食堂,売店などがあります。学生寮も整備されています。なお,一般教室や実験室研究室は全てエアコン完備です。
各施設の詳細はこちらをご覧ください。→施設案内