本文へスキップ



888 Nishikatakai, Nagaoka,
Niigata, 940-8532, Japan


先輩たちの声VOICES

Q1.有機光デバイス研究室への配属の決め手,理由は?

  • H28年度卒業生

    T.Tさん
    デバイス関係に興味があり,また,最新の研究に携わってみたいと思い本研究室を選びました。

    N.Tさん
    研究室見学の時に,有機ELが実際に光るところを見て感動し,私もこの分野の研究がしてみたいと思ったからです.

    Y.Aさん
    電子制御科ではあまり触れない半導体作製について勉強がしたかったため決めました. また,社会経験が豊富な皆川先生の下で研究をすることで,仕事でのスキルを身に付けることができると考えたためです.

    D.Yさん
    長岡高専のホームページで有機光デバイス研究室のサイトを見つけました。 そこで,薄型で柔軟性が高い有機EL素子を知り,興味を持ち始めました。

  • H27年度卒業生

    H.Kさん
    自分は情報系が苦手で情報系以外の研究室の中で,この研究室だと研究らしいことができると考えたからです.

    S.Sさん
    高専を卒業したらすぐに就職しようと決めていて,この研究室で1年間を過ごせば今より良い形で社会に出られるのではないかと研究室見学で感じたことが決め手でした.

    T.Sさん
    希望した研究室の選考に落ちてしまい,その中で最も研究分野に興味があり,自分を成長させることができると思った研究室だったからです.

    N.Hさん
    より実践的な研究が出来る点や,社会に出てから必要となる知識を事前に学べるところに魅力を感じたためです. また,電子制御の学科中では珍しい研究をやっており,興味を持ったためです.

  • H26年度卒業生

    I.Iさん
    デバイス関係に興味があったため本研究室を選びました. また,情報系は苦手だったため一番関係のなさそうな本研究室を選びました.

    K.Nさん
    デバイス関連の研究に興味があったため,この研究室が候補に挙がりました. そして,研究室内の先輩方が非常にやさしそうであったためこの研究室を選びました.

    K.Mさん
    自分は情報系の教科が苦手であり,また,研究が行いたかったため,制御の中で最も研究が盛んなこの研究室を選びました.

  • H25年度卒業生

    K.Sさん
    ほかの研究室は評価対象があり,それについて研究を進めていくということでしたが, 有機光デバイス研究室は,評価対象となるデバイスから作製していくということで,そこに魅力を感じこの研究室を選びました.

    R.Sさん
    就職を志望していた為,企業経験が豊富な皆川先生の研究室に決めた. 皆川先生に指導されることで企業に役立つようなスキル,経験を学べると思ったから.

  • H23年度卒業生

    K.Tさん
    他の研究室と比べて本格的な研究ができると感じたため.また,1期生として研究室に入れたため.

    H.Tさん
    研究室見学の時に面白そうだと感じたこと,新しく立ち上げになる研究室ということで興味を持ったことが研究室を希望した理由です.

    Y.Tさん
    私が有機光デバイス研究室を希望した一番の決め手は, 皆川先生の研究室の運営方針です.
    「企業で通用する人材育成」をすると紹介され, そんな人材になりたい・この研究室が一番自分が人として成長できそうだと思ったため,有機光デバイス研究室を希望しました.

    T.Hさん
    研究室見学後にお話を伺ったところ,自分のやりたい研究をさせていただけると思い,この研究室に入りたいと思いました. また,一期生ということで自由に研究を進めることができると思いました.

    K.Mさん
    一期生ということに魅力を感じ,研究室紹介の時に電池につないで光るサンプルを見たときにこれだと思ったからです.

    H.Mさん
    「ものが光る」という目に見える成果に対する研究が出来ることや,最先端の技術に携われることに魅力を感じました. また一期生として配属されることで,新しいことに挑戦することへの第一歩として有機光デバイス研究室を選びました.

Q2.有機光デバイス研究室のウリは?

  • H28年度卒業生

    T.Tさん
    とても内容の濃い研究ができ,社会人として必要なスキルを身に着けることができることです。
    また,研究内容についてディスカッションをたくさん行うのでコミュニケーション能力がつくこともいいところだと思います。

    N.Tさん
    研究がガッツリできるところもちろんですが,人間としても自分次第で一回りも二回りも大きく成長できるところです.

    Y.Aさん
    私は日本語が苦手でしたが,この研究室に配属されてから,文章構成について教わったことで日本語が上手くなったと実感しています. そのため,日本語の苦手を克服したい人におすすめです.

    D.Yさん
    有機光デバイス研究室の一番のウリは,研究したい内容を自分で考えてテーマを決め,作製したい素子を自分で作製できることだと思います。 また,社会人として大切な自主性やコミュニケーション力を学ぶことができます。

  • H27年度卒業生

    H.Kさん
    内容の濃い卒業研究を行うことができます. また,論文の文章構成や発表の仕方等社会に出たときに役立つ様々な技術を身に着けることができます.

    S.Sさん
    自分のやりたいことができることだと思います. 実験の結果から,次はこうしたらよくなるのではないか,こういうことが分かるのではないかという考えを自分で持ってそれをどんどん実行していけるのがウリです.

    T.Sさん
    研究に対する姿勢・取り組み,報告・発表の仕方など,すべてに対して妥協せず真剣に向き合うことができる事です. また,研究室内の先輩,後輩の仲が良いところも特長だと思います.

    N.Hさん
    本研究室の一番の特長は,研究室内での飲み会が沢山ある点だと思います. そのため,研究室内の繋がりが強く,先生や先輩,後輩と親しくなることができるため,実験の際や研究発表の練習の際にアドバイスし合える点が本研究室のウリだと思います.

  • H26年度卒業生

    I.Iさん
    研究を通して,物事の進め方や考察など今後必要となってくるであろう力を伸ばすことができます. また,他の研究室には負けない研究発表をすることができます.

    K.Nさん
    夏休み明けに開催される学会発表会に参加することができます. 学会発表会では,他の学校で行われている研究についての話が聞けたり,卒研発表前に一足早く発表ができるため,卒研発表で苦労することが少なくなります.

    K.Mさん
    文章構成や発表の仕方等を学ぶことができるので,今後社会に出て活動していくときに困らないと思います.

  • H25年度卒業生

    K.Sさん
    ガッツリと研究ができることです.また研究室のルールにあるように, 有機光デバイス研究室は研究室ではなくofficeということで普通の人より社会に出ても困らないと思います.
    はずせないのは,宴会です.

    R.Sさん
    文章作成能力が向上すること.問題解決能力が身につくこと.

  • H23年度卒業生

    K.Tさん
    ・みっちりと研究ができるところ
    ・メリハリがはっきりしているところ.
    ・研究以外に,社会に出て恥ずかしくない人間に成長できるところ.

    H.Tさん
    なんと言っても「研究」をすること. 配属されるまで学生だった人たちが,有機光デバイス研究室で過ごした時間を通して研究者としての一歩を踏み出すところがウリだと思います.

    Y.Tさん
    有機光デバイス研究室のウリはがっつり研究ができることだと思います. そしてそれは,二期生・三期生の全員が5年生のうちに学会で発表しているという点に現れていると思います.

    T.Hさん
    一つ目は社会人として必要なことを学べることだと思います. 研究室で定められたルールは一見すると当たり前なことばかりですが,研究室に配属されてみると自分が当たり前なことができてなかったと実感させられました. 二つ目は実践的な研究をすることができることだと思います. 他の研究生や先生とのディスカッションなど実のある研究生活を送ることができると思います.

    K.Mさん
    研究をがっつりやることが出来,学会発表にも参加できる. さらに,研究室というより企業に近い感じがするので自分を成長させる環境が整っている.

    H.Mさん
    電子制御工学科生として勉学を進めるなかで,光デバイスという少し違う道に進めるということは最大のウリだと思います. 研究を通して多くの疑問や問題に直面しますが,先生やラボメイトとディスカッションをすることで考察力や問題解決力,文章力など色々な力を身につけることが出来ます.

Q3.有機光デバイス研究室での一番の思い出は?

  • H28年度卒業生

    T.Tさん
    研究室の卒業生や先生と一緒に月岡温泉に旅行に行ったことです。 行きの電車の中も含め一日中飲んでいたのが思い出です。 こういう機会があったらぜひ参加したいと思います。

    N.Tさん
    国際学会に参加し,現地で美味しいものを先生と一緒にたくさん食べたことです.

    Y.Aさん
    初めて作製した素子が光ったことがとても感動的であったことを記憶しています. 当時は発光原理を理解していたものの本当に光るかどうか不安だったため,その喜びが一番の思い出です.

    D.Yさん
    自分で準備して作製し測定した素子の特性がうまく出た時はとてもうれしかったです。 また,卒研発表会前には何度も練習を繰り返し,本番の発表を無事に終えた時はとても達成感を味わうことができました。

  • H27年度卒業生

    H.Kさん
    卒研発表前の一か月間です.その期間は卒研発表まで多くの実験をやっていました. そのときはとてもつらかったですが自分で考え,自分で実行するということができた期間だと思います.

    S.Sさん
    卒業研究発表会です. この日のために予稿とスライドを作成し,発表練習を何十回も行って最終的には本番で自分が今出せる一番の出来で発表ができたことが自分の中での一番の思い出として残っています.

    T.Sさん
    卒業研究発表会です. 一年間たくさんのことを学び,経験し,ときには同輩,先輩に協力してもらって形にした自分の研究を,堂々と悔いを残さず発表できたということがこの上なくうれしく思えました.

    N.Hさん
    学園祭に展示する有機EL素子の作製を含めたハロウィンイルミネーションの製作が一番印象に残っています. 封止作業や,9枚同時に有機EL素子を作製する試みなど,この時に新たに立ち上げた技術が多く,とても苦労した事を覚えています. しかしながら,大変だっただけではなく,イルミネーションがキレイに光った時の感動も強烈に印象に残っています.

  • H26年度卒業生

    I.Iさん
    卒研発表会とそれまでのラスト一カ月が一番の思い出です. かなりハードな毎日でしたが,本番に堂々と発表(卒研発表賞銀賞を受賞)することができ達成感を得ることができました.

    K.Nさん
    学会発表に参加し様々な発表を聞いたり,発表したことが思い出に残っています. また,学会の発表優秀賞を受賞できたことも思い出に残っています.

    K.Mさん
    自分が実験で上手くいかないときも先生に夜遅くまで親身になって手伝って頂いたのでその点が一番の思い出です.

  • H25年度卒業生

    K.Sさん
    学会発表を行ったことです.私は受験勉強のため5年生の前半はあまり実験を行えませんでした.
    そのため,受験が終わってから学会の締め切りに間に合わせるため毎日のように実験を行いました.
    結果が出るとすごい達成感でした. 当日はデバイスを専門としている先生方の前での発表ですごく緊張しました. 発表自体は成功したと思います.

    R.Sさん
    後輩に指導した際,自分の成長を感じられたこと.

  • H23年度卒業生

    K.Tさん
    一つに絞れないので思い出トップ3を書きます.
    1.自分のテーマであった,単層型有機EL素子を初めて光らせることができたこと.
    2.専攻科特別発表会で優秀発表を受賞できたこと.
    3.海外で研究発表したこと.

    H.Tさん
    専攻科の中間発表で優秀ポスター賞をもらえたこと. 研究がうまくいかず,苦しんだこともありましたが,優秀ポスター賞をもらえたことで自信につながりました.

    Y.Tさん
    様々な学会に参加したことや電制祭,飲み会など沢山の思い出がありますが,一番の思い出はIEEE信越支部ポスター発表賞を受賞したことです. これまで賞とは無縁の人生だったので,受賞したと聞きとても驚いたのを今でも覚えています.

    T.Hさん
    初めての学会は5年生のころに聴講者として参加したのが初めてになります. そのころは,学会発表する方々は手の届かないように感じていました. しかし,専攻科を卒業するころには学会発表を数回することができました. 特に初めての学会発表の時は極度の緊張とともに大きな感動もありました.

    K.Mさん
    学会への参加でいろいろな場所に行ったことです. 富山,東京,山形に行きおいしいものを食べ,有意義な時間を過ごすことが出来ました.

    H.Mさん
    電子制御工学科を卒業する際の卒研賞を受賞できたことや,富山で開催された有機・無機エレクトロシンポジウムでポスター賞を受賞できたことです. 卒業してみると,日々の研究で直面した様々な問題もいい思い出です.

Q4.これから配属されてくる後輩に向けてアドバイスをお願いします.

  • H28年度卒業生

    T.Tさん
    自分のアイデアをどんどん出して研究を行ってください。自分で考えたアイデアを取り入れていくと研究が楽しくなり,前向きに取り組んでいけると思います。 必ず成長できると思いますので,ぜひ前向きに頑張ってください。

    N.Tさん
    研究でたくさん辛いこと上手くいかないことがあると思いますが,一人で悩まず研究室のメンバーや皆川先生に必ず相談するようにしてください. それだけで研究の進み具合も楽しさもとても違ってくると思います!

    Y.Aさん
    研究が上手く行かずに行き詰まることがあると思います. しかし,そこで立ち止まるのではなく,原点に立ち返って,今できることを進めましょう. そうすれば,その打開策が見つかり,次のステップに進めると思います. 「人生はロールプレイング」です. 山あり谷ありですが諦めずに努力すれば必ず道は開けると思います.

    D.Yさん
    相談したいことや聞きたいことがあれば,先輩や先生に遠慮せずに聞くことが大切です。 そのままにしておくと自分の研究も進まず,後で困ることになります。 自分で素子を作製できることに喜びを感じて頑張ってください。

  • H27年度卒業生

    H.Kさん
    実験は事前に計画をしっかり立てて,やれるうちにやりましょう. 後回しにするほど卒研発表前にツケが回ってきます.

    S.Sさん
    1年間研究を続けていけばどこかで壁にぶつかったり,実験がうまくいかない時期があると思います. しかし,そこで諦めずにどんどん打開策を考えてそれを実行していけば良い結果が得られるので,どんどん進んでいってください.

    T.Sさん
    私は人間的にとても成長できる研究室だと思いました. 辛い時もあると思いますが,何事も前向きに取り組むことで今まで気づかなかったことに気づくこともあると思うのでとにかく“前向きに”頑張ってください.

    N.Hさん
    研究を進めていく上で,厳しいときや,辛いときもあるとは思いますが,それを乗り越えた時の達成感は最高です. また,その時に経験した努力は決して裏切りません. 研究を通して大きく成長して下さい.

  • H26年度卒業生

    I.Iさん
    この研究室に配属されれば,一年を通して非常に成長することができます. また,研究で困ったことがあったらみんなと助け合って,たまにお酒でも飲みに行くといいと思います.

    K.Nさん
    長岡高専に入って何か頑張ったことを言えない人は是非有機光デバイス研究室に入ってほしいと思います. 卒業までには絶対に「俺は,長岡高専で一番頑張ったのは研究だ!」と言えるようになると思います!!

    K.Mさん
    上手くいかないとき1人で考え込まず,同学年や先輩,先生と相談しながら解決していくことが大事だと思います.

  • H25年度卒業生

    K.Sさん
    研究は計画を立ててから行っていくことが大切です. 自分はいつまでに何をやればいいのかなどを考えながら行うことでスムーズに研究が進むと思います. また,分からないことがあればまず先輩に聞くといいと思います. 研究室の仲間同士助け合いましょう.

    R.Sさん
    皆川先生に言われたから動くでは,ダメです! 自分から動けるような人になってください.

  • H23年度卒業生

    K.Tさん
    この研究室は,世界初の研究も行うことができる場所です. 思いっきり研究をしたい人にはたまらない研究室だと思います. 得られた結果を考察する力を身につけて,世界を驚かすような結果を出せるように頑張ってください.

    H.Tさん
    研究室で過ごしていると,楽しいこと,辛いことなど,様々なことがあります. しかし,それらを体験した後で自分の成長を実感するはずです. ぜひ有機光デバイス研究室での生活を通して,自分を大きく成長させてください.

    Y.Tさん
    研究ではおそらく何かしらの壁にぶつかることがあると思います. その壁を一人で越えられたら理想ですが,難しいときは遠慮せずに研究室のメンバーや先生に相談しましょう. 最初から頼ることはしないけれど,時には頼り,時には頼られ,常に共に助け合えるのが私の居た「有機光デバイス研究室」だと思います.

    T.Hさん
    有機光デバイス研究室では実践的な研究ができるのはもちろん,社会人としても成長することができます. また,研究をするときは集中してしっかりして,楽しむときは思いっきりはっちゃけることができ,メリハリのある研究生活を送ることができます.

    K.Mさん
    勉強する時,研究する時,遊ぶ時のメリハリをきちんとつけて,研究する時は研究して遊ぶときに遊べば最高の学校生活になると思うので頑張ってください!

    H.Mさん
    皆川研究室は研究を通じて自分の将来に役立つ様々な力が身に付く,とてもいい研究室だと思います. 研究だけでなく,各種イベントにも全力で取り組み,楽しい研究生活が送れるでしょう.
    デバイスの研究には体力勝負の一面もありますが,必ず大切な何かが得られ,笑顔で卒業できます.

バナースペース

Labolatory of Organic Device and Photonics

1F, Building No. 5,
National Institute of Technology, Nagaoka College,
888 Nishikatakai, Nagaoka, Niigata, 940-8532, Japan