Japan Steel Bridge Competitionで大健闘しました


 8/31(土)〜9/1(日)に名城大学天白キャンパスで行われたJapan Steel Bridge Competition 2013に本学科から宮嵜研究室のメンバーが初出場しました。 大会は17大学2高専(本校、熊本高専)が参加し、架設競技、載荷競技、美観競技の3部門で競いました。
 出場した橋は「信濃川橋梁Jr. 」。信越本線信濃川橋梁をモチーフにシンプルで合理的なワーレントラスを製作しました。 架設競技では、河川に見立てたビニールシートを跨ぎ、製作した橋梁を30分以内に架設、そのタイムを競います。本校のチームは23分5秒と練習の成果を発揮しました。 載荷競技では、目標たわみ6.6mmにたいして10.4mmと、目標たわみは超えましたが健闘しました。 また、この2競技に美観競技の結果加えた総合成績では全19チーム中8位と、初出場ながら上々の成績となりました。
 帰ってきたメンバーは早くも来年の構想が膨らんでいる様子です。



道具・部材の確認中

架設スタート

着々と部材を組み立てる

最後のボルト締めか

完成記念

プレゼンにも熱が入ります

今度は載荷競技

300sfに耐えて記念撮影

他のチームも個性豊かな橋

参加者揃って記念撮影

     
Line

  

Top 環境都市工学科トピックスへ

Line

     環境都市工学科のホームページに戻る