ヘリコプター空撮試験飛行


 本校グラウンドにおいて、遠隔操作6翼ヘリコプターによる空撮実験を行いま した。このヘリコプターは最大高度が150m、最大移動水平距離が 250m程度の性 能を有しています。このヘリコプターを用いて、橋梁下部の効率的な維持管理や 災害時の迅速な状況把握等に役立てるための研究を行っていきます。(やま)



ヘリコプター、今回はおなかにカメラを載せております

ヘリから校舎を撮影

八方台方向(左上の黒く細長い影はプロペラのプロテクタ)

運動場・見附方向

     
Line

  

Top 環境都市工学科トピックスへ

Line

     環境都市工学科のホームページに戻る