EarthMark 環境都市工学科の目指すもの

 現在、私達の生活は資源とエネルギーを大量に消費して成り立っています。しかし 、地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨といった地球規模の環境問題や廃棄物のリサイ クルや処理処分にともなう地域的な環境問題に直面しています。将来にわたって人間 が豊かに生活していくためには自然環境と人間活動がバランスした、自然共存型・資 源循環型の社会の実現が求められています。

 「Civil Engineering」は、人々の生活や産業の基盤を作り、その生活を便利に、 安全に、快適にするための工学です。今後は、人類の存続の基盤である自然環境への 配慮に満ちた21世紀の新しい都市の姿を創造することがその使命です。

 環境都市工学科では、従来の土木技術を基礎としつつも、地球環境に関する正しい 知識と視点を持ち、自然と調和した新しい都市や環境を創造することのできる技術者 を養成することを目標としています。

戻る